農業クラブとは?

農業クラブは、全国の農業高校生が、交流・研究・発表し、
自主的に農業学習を進めるための組織として誕生しました。



岩農が農業クラブ発祥の地??

昭和23年に、現在の農業クラブのもとになる組織が、ここ岩農で誕生し、昭和25年に
全国組織を作ろうという声があがり、『日本学校農業クラブ連盟(FFJ)』が作られました。

また、『FFJ(Future Farmers of Japan)』は、
アメリカの『FFA(Future Farmers of America)』をモデルに作られました。





ちなみに・・・
     FFJ=日本学校農業クラブ連盟
     FFH=日本学校農業クラブ北海道連盟
     FFM=南北海道学校農業クラブ連盟
     FFI =北海道岩見沢農業高等学校農業クラブ

農業クラブは、農業高校に通っている全員がクラブ員となっており、全国で

約9,700人  にも及ぶクラブ員が活躍しています!



日本学校農業クラブの三大目標

学校農業クラブでは,自主的・主体的な活動を通して
わたしたちクラブ員の科学性・社会性・指導性を高めることを目標にしています。

科学性・・・

 私たちに科学性があるということは、物事や課題のおおもとにある決まりやいろいろな関係を、筋道をたてて合理的に考え、判断し、行動する態度を身に付けているということです。

社会性・・・

 私たちに社会性があるということは、自分と他人で構成する組織などの社会の出来事に関心を持ち、他人の意見や行動を尊重しながら、自分の考えを表現することができ、社会の一員として協力して行動する態度を身に付けているということです。

指導性・・・

 私たちに指導性があるということは、民主的、合理的に判断する力を身に付け、より良い方向へ組織やグループおよび自分自身をみちびき、目的を達成しようと行動する態度を身に付けているということです。